スパムコメントのアイキャッチ

スパム対策:英語コメントの対処法【基本ですよ】

悩む男性

たまに来る英語のコメント、怪しすぎる。
対策方法とかないのかな?

今回はこういったブログあるあるを解決していきたいと思います。

ブログを解説していると時々コメントが来るかと思いますが、よくこんなコメントが来ることってありませんかね。ちなみに以下はWordPressのコメント画面です。

スパムコメント

このような英語のコメントは、基本的にスパムコメントだったりしますので開かないことをおすすめします。

というのも、こういったスパムコメントの中にはURLが添付されている場合があり、開いてしまうとまったく関係のないサイトにジャンプしてしまったり最悪の場合あなたのPC情報が流出してしまう可能性だってあるので危険です。

コメントの投稿を許可してしまうとSEOにおいても評価を下げてしまうことがあるので、具体的な対策を深掘りしていきましょう。

スパム対策【基本はゴミ箱へ】

ゴミ箱

スパムコメントの対策をまとめてみます。

基本的には以下の通りですね。

  • ゴミ箱に捨てる
  • プラグインの追加
  • コメントを非表示にする

間違ってもスパムコメントを「承認」しないでくださいね。自分の身は自分で守りましょう。

対策1:コミ箱に捨てましょう

一番基本的なのはそのまま「ゴミ箱」をクリックして捨てることですね。それか「スパム」をクリックすることです。

「ゴミ箱」をクリックしたらそのままコメントが「ゴミ箱」へ移動されて、消去することがでします。

また「スパム」をクリックすると、コメントをスパムとしてマークすることができます。

対策2:プラグインの追加

次にプラグインなどを活用する方法ですね。

WordPressの場合、デフォルトで「Akismet」というプラグインが入っているため活用してみましょう。

このプラグインを有効化したら、設定ページで API キーを設定するだけでスパム対策をすることができるので簡単ですね

対策3:コメントの非表示

これは記事へのコメント自体を許可しないようにするための設定でして、WordPressダッシュボードの

設定」→「ディスカッション」から、「デフォルトの投稿設定」内の「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックを外すことでコメントの投稿ができなくなります

ただし、一記事ごとにコメントを許可するかしないか設定ができますので、イチ記事ごとに設定する方法も可能です。(ただし一記事ごとはめんどくさいですね)

対策4:ブロックリスト登録

コメント投稿者の「名前」「URL」「メールアドレス」「IPアドレス」が分かっていれば、

設定」→「ディスカッション」から、『ブロックリスト』の欄に情報を入力する方法もあります

ただ、スパムコメントは必ず同一の「名前」「URL」「メールアドレス」「IPアドレス」などから来るわけではないので、いちいち入力するのは手間ですね。

ブログのコメント機能はなくていいの?

コメント

スパム対策のためにも、コメント自体最初から非表示にしたらいいんじゃないか?

と思うかもですが、じつはちゃんとしたコメント(スパムじゃないコメント)はあなたのブログの評価を上げることもあるので、無視はできないです。

というのも、ブログなどのサイトはGoogleなどの検索エンジンにindexされており、コンテンツの質などがSEO対策では重要になります。

SEO対策で順位を上げるコツ【ユーザー目線で考えよう】

コメントはメインコンテンツの一部として認識されることがあり、良くも悪くも評価の対象になりますよ。

コメントはコンテンツの一部【質をあげよう】

SEOに詳しいサイトからの情報ですが、全部を過信するのはよくありません。

とはいえ、Googleのキーマンであるジョン・ミューラー氏も解説している通り、コメントは評価対象になるようですので質の高いコメントはどんどん「承認」していきましょう。

良いコメントをもらうには、まず記事を読んでもらわないといけないですからね。PVを増やすため、まずはたくさん記事を書いて内容の濃い記事と作り上げていきましょう!

スパムコメントのアイキャッチ
最新記事をチェック!
>当サイト使用テーマ『THE THOR』

当サイト使用テーマ『THE THOR』

SEOに強く、デザインを自由に変える事ができる『THE THOR』

収益化に関わる機能もたくさんついているため、企業サイトはもちろん、個人のブロガー、アフィリエイターにも使いやすい最高のテーマです。

CTR IMG