【簡単】ゼロからWebライターになる手順とは?【結論:今からでも可能】

ゼロからWebライター
悩むクマ
未経験だけどWebライターとて働きたいな…。実務経験がないけど挑戦したいです!

今回はこのような疑問について答えていきます。

記事の流れ

  • Webライターになる具体的な手順は存在しない
  • 未経験者が取るべき行動

僕はフリーランスとしてWebライターで独立しているため、よりリアルな意見をお届けできると思います。もちろん未経験からのスタートでしっかりと収入につなげており、Webライター歴は2年ほど。

またディレクターとして他のライターさんに執筆をお願いすることもあり、”なぜ未経験からでも挑戦可能なのか“ということについてもご紹介していきますね。

未経験でWebライターになる手順は特になし

未経験でWebライターになる手順は特になし

ではまずはじめに、未経験でWebライターになる手順は特にないと言う事について解説していきます。

 

悩むクマ
でも何かしら手順はあるんじゃないの?例えば必要な知識やスキルを身につけたり、、、

このように考える方が多いかもしれませんが、実はWebライターになる手順などは具体的に存在せず、ぶっちゃけ今からでも挑戦は可能。

なぜ具体的な手順がなく今すぐにでも挑戦できるのか、理由は以下のとおり。

  • 特別なスキルは不要
  • 高スペックPCは不要【最悪スマホ可能】

文字を書くことができればOK、というわけですね。とはいえプラスαで身につけるべき知識やスキルはありますが、まずはWebライターになるための参入障壁がとてつもなく低いということを理解していただけたらと。

特別なスキルは不要

Webライターになるために特別なスキルは不要です。強いてあげるのであれば、きちんと必要な情報を集めて文章としてまとめる力ですかね。

クラウドソーシングをみてみるとわかるのですが、案件によって報酬もバラバラです。

文字単価0.2円ほどものものあれば、文字単価1.5円ほども案件もあります。

それこそ簡単な「アンケート回答」みたいな案件もありますので、稼げるかどうかはさておき、仕事としてお金をいただくことは十分に可能です。スキマ時間にコツコツと作業すれば、お小遣い程度にはなりますね。

高スペックPCは不要【最悪スマホ可能】

Webライターに高スペックPCは不要です。それこそMacBook Proのような高スペックなものは不要で、極端な話、文章が書けるものであればなんでもOK。

最悪の場合、PC出なくてもスマホやタブレットでも文章の入力はできます。しかし案件よってはPC必須の場合が多いため、用意するようにしましょう。あとは文章を書く効率を考えても、圧倒的にPCでの入力がおすすめ。

安いPCであれば2〜3万円あれば購入できるため、その後Webライターとしての力をつけて稼げるようになれば十分元は取れますね。

未経験Webライターが取るべき行動

未経験Webライターが取るべき行動

では実際にWebライターとして活動をするためにも、未経験者が取るべき行動についてご紹介していきます。もう一度おさらいですが、Webライターになる手順は特になく今すぐでも挑戦可能です。

そのためまずはいきなり案件獲得のために行動し、あとからあなたに不足している知識やスキルの習得をするようにしましょう。

必要最最低限の知識とスキルの習得ができたら、あとは付加価値をつけて単価をあげるための行動をするのが一連の流れ。

①案件の獲得

まずは案件獲得のために行動をしてみましょう。

上記のようなクラウドソーシングを覗いてみると、たくさんの案件が募集されていることがわかります。

「いきなり案件を獲得できるか不安」
という声もあるかと思いますが、全く問題なし。

むしろ実務を経てライティング知識やスキルが身につくので、積極的に応募して案件獲得を目指しましょう。

未経験者でも案件は取れるのですか?
全く問題なく取れます。未経験者でも提案文やプロフィール文を作り込めば問題なし。
仕事ができなくて失敗はしないのですか?
事前にテストライティングなどがあるため、ほぼ100%失敗はしないです。
クライアントが仕事の詳細を記載しているため、大まかなイメージは事前に把握できます。

②基礎知識の習得

Webライターとして仕事をする上で、基礎知識は必須です。また基礎知識があるかないかで、単価が大きく変わります。

具体的に身につけるべき知識は2つほど。

  • SEOに関する知識
  • WordPressに関する知識

この2つを理解しているだけでも、文字単価1円以上は確実となります。両者についてまとめた記事があるため、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事

悩むクマSEOってなんのこと?よくわからないけど大切っぽいな…詳しく知りたい…今回の記事ではこのような疑問にお答えしておこうと思います。SEOは実際に、インターネット検索を普段行う上でかなり重要な項目[…]

SEOとは何のこと?【検索順位を上げる 3項目】
参考記事

WordPressで自分のサイトを作ってみたいけど、よくわからないな・・・。今回はこのような疑問を解決していきます。結論からお伝えすると、WordPressの運営はそこまで苦戦すること[…]

③発信活動を通して付加価値をつける

基礎的なスキルや知識の習得ができたら、さらに単価を上げるために発信活動をしてみましょう。仕事を通しての学びをアウトプットすることでさらに知見が深まり、あなたの発信をみた人に対してその知見を還元できるのです。

  • ブログ
  • SNS

この2つでアウトプットをしてみましょう。

特に「ブログ」は、ライティングの仕事に直結するものです。WordPressでブログ開設することで、あなたのブログを”ポートフォリオ“として提示しやすくなります。

SNSでは、「つぶやき(文章)×拡散力」のあるTwitterがおすすめ。日々の学びをフォロワーに向けて、わかりやすい文章構成で発信してみましょう。

最低限身に付けるべきスキル

最低限身に付けるべきスキル

「SEO」と「WordPress」の知識を身につけることで単価アップが見込めますが、まず前提として最低限、身につけておくべきスキルがあります。

文章を書く仕事をする上では欠かせないスキルなので、まずは「文章をまとめる力」と「わかりやすい文章を書く力」を身につけましょう。

とはいえこの2つは実際にライティングをしながら身につくため、やはり仕事をしながら、そして自身のアウトプットでとにかく文章を書いてみるのが良いでしょう。

文章をまとめる力

Webライターの仕事は文章を”ただ書けばいい“というわけではありません。調べた情報をきちんと文章としてまとめる力がなければ、「Webライター」としては胸を張って名乗れないですからね。

自分が何を伝えたいのかをはっきりと文書としてまとめ、読者に伝わる記事を書けるようにしましょう。そのためにも、より多くの文章を書いて力をつける必要があります。

わかりやすい文章を書く力

読者にとってわかりやすい文章を書く力も重要です。自分だけが理解できる文章では、読者にとってとても読みづらい文章となってしまいます。

小説のように独特の言い回しで文章を書く必要はありません。 ざっくりと言えば、中学生レベルでもわかる文章で記事にできると良いでしょう。 相手が何を知りたいのかをきちんと読み取り、 その情報をわかりやすく文章としてまとめるのです。

初月の収入目安【実例】

初月の収入目安

最後にWebライターとして仕事をして、初月の収入目安についてご紹介していきます。「いきなり独立できました」みたいな甘いものではないですが、Webライターはきちんと仕事をすれば、きちんと収入を得ることができます。

経験年数文字単価1記事あたりの単価
0〜3ヶ月0.5円〜0.8円1,500〜2,400円
3〜6ヶ月0.8円〜1.0円2,400〜3,000円
6〜12ヶ月1.0円〜1.5円3,000〜4,500円
12ヶ月〜1.5円〜4,500円〜

完全にゼロからWebライターとして仕事をした場合を想定して、表にまとめてみました。あとは記事の執筆スピードによって、時給換算した時の収入が変化する感じですかね。初月で5万円は十分に狙えます。

僕が独立した当初は、ライティング1案件で10,000円(文字単価1円×10,000文字)でしたので参考までに…。

まさひろのライティング収入

クラウドソーシングには案件がたくさんあるため、おさらいとしておすすめのサービスをまとめてきます。

ゼロからWebライター
最新記事をチェック!
>LINEマガジン(無料Webライタースクール)

LINEマガジン(無料Webライタースクール)

私のLINEマガジンでは、「スキルを習得して人生の選択肢を増やす」をコンセプトに、ビジネスにおける基本となる”ライティングスキル”に関する情報を配信しています。

あなたは文章力を磨いてどんな人生の選択肢を増やしていきたいですか…?

「仕事」「日常のやりとり」「恋愛」などなど、生活の中で”文章”は欠かせません。まさに文章力を磨くことが、人生の選択肢を増やす一番の近道といってもいいでしょう!

文章から何に繋げるかは、あなた次第です…。

人生の選択肢は「あなた自身」でどんどん増やしていきましょう。

だからこそ、文章です!あなたの人生をより良い方向へと導くためにも、文章力、ライティングスキルを磨きましょう。