Webライターとして働く方法【初心者OK】

Webライターとして働いてみたい、そんな方も多いのではないのでしょうか?しかし最初はどんなことをして良いのか分からないという意見の方が多いかと思います。そこで今回の記事では、Webライターとして働く方法について解説していきたいと思います。

Webライターとして働きたいけど、仕事の取り方とか報酬の単価とが詳しく知りたいな

このような疑問を解決していこうと思います。

具体的にこの記事の内容をまとめると、以下のとおりになります。

  • Webライターとして働く方法【初心者でも簡単】
  • Webライターとして働くメリット
  • 収入UPさせる方法

以上となります。

まず最初に注意なのですが、いきなりWebライターとして独立することはおすすめしません。

というのも、Webライターの仕事は最初は報酬単価が低いため、十分な貯金でもないと今後の生活に大きく影響してしまうからです。ですので初めは「副業」として始めてみて、ある程度収入が上がったら独立しても良いかもしれませんね。

ですがWebライターとして働くことは、記事後半で解説しますがメリットがたくさんありますので、ぜひとも挑戦してみていただきたいと思います。

Webライターとして働く方法【初心者でも簡単】

まずはWebライターとして働く方法を解説してみたいと思います。具体的な手順は以下のようになります。

  • Webライターの働き方を理解する
  • Webライターになる準備をする(なくてもOK)
  • 仕事を請ける

ではそれぞれ深掘りをしてみます。

Webライターの働き方を理解する

まずはWebライターとは何なのか、その仕事内容を知るところから始めてみましょう。

こちらは本で学んでみることをおすすめします。読書をすることで文章力も身につき、結果Webライターとしてのスキルにつながるかと思います。

Web文章の「書き方」入門

基本的な知識から身につけたい、そんな方におすすめの一冊になっています。Webライティングは「作文」などとは書き方が違うので、Webライティングの書きたか自体を学んでおく必要があります。

ですのでまずWebライターを目指す方であれば、Webライティングの基礎知識をしっかりと身につけておきましょう。

SEO対策のためのWebライティング実践講座

Webライティングをする上で、「SEO対策」というものがあります。初めての方は何のことかさっぱりかと思いますが簡単に説明すると、検索結果で記事を上位表示させるための対策」と思っていただけたら助かります。

例えばGoogleで何か検索をするとき、1番上に表示される記事や2番目、3番目と上から順に並んでいるかと思いますが、もちろん1番上の記事の方がクリックされやすくなります。ですので記事をより上位に表示させるためのテクニックを学んでおきましょう。

Webライターになる準備をする(なくてもOK)

ではある程度知識が身についたら、実際に文章を書いてみましょう。ですがこの工程を飛ばしていきなり仕事を受けてみるというのも一つの手かなと思います。

ではWebライターになる上でどんな準備をすれば良いのか、これは自分の「ブログ」を書いてみましょう。

ブログは日記みたいな意味合いのものでも構いませんが、どうせ始めるなら「副業目的」で始めてみましょう。ブログでどうやって稼ぐの?と疑問に思った方、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>ブログの初め方を徹底解説!収益化の方法も教えます

副業目的でブログを始めることで、「Webライティング」と「SEO」について同時にスキルを身につけることができますので、ぜひとも自分でもブログを始めてみてください。

仕事を請ける

では実際に仕事を受けてみましょう。いきなり仕事を受けても大丈夫なのかと不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

というのも、まず実際に仕事を受注しないとWebライターの仕事もわかりませんし、ダラダラと本などで知識だけ身につけても1円も稼げないからです。ですので仕事を請け、稼げたお金を次の知識を得るための本を買ったりという自己投資に使いましょう。

そうすることでスムーズにスキルアップにつながるのではないかと思います。

ではどこで仕事を受注するのか、それを以下にまとめました。

この3つを登録しておけば問題ないかなと思います。特に【クラウドテック】はよりフリーランスとして、Webライターになりたい方向けのサービスです。

ライティングの案件を探そう

上記のサービスに登録できたらライティングの案件を探してみましょう。

案件によっては1文字当たりの単価が0.1円のものがありますが、こちらは本当に初心者さんが請ける案件ですので、わりに合いません。もちろんそこから練習するという意味合いでは良いのですが全く稼ぐことはできませんので、1文字あたりの単価が0.8円〜くらいの案件を探してみましょう。欲を言うと1円以上の案件を狙えるとベストです。

ベストと言いましたが、確かに実績がないと応募しても断られてしまう可能性が高いので、やはり0.8円前後の案件を獲得できるといいですね。

発注者さんとは良い関係づくりを

仕事を受注すると言うことは、発注者の方があってのものですから、良質な関係を結んでおきましょう。例えばコメントなどにすぐ返信をしたり、最初の挨拶、や最後のお礼など、Webだからこそ相手を思いやってやりとりをしましょう。

うまく関係を気づくことができれば、次回の案件も依頼してもらえるかもしれませんし、報酬の単価も高くなる場合があります。

Webライターとして働くメリット

ここまででWebライターとして働く方法を紹介しましたが、ではどんなメリットがあるのでしょうか?もちろん最初は単価が低かったりと大変なこともありますが、メリットはたくさんあると思っています。

  • 通勤しなくても良い
  • 好きな場所で働ける
  • 人間関係に悩まず働ける
  • ITに関する知識・技術が身につく
  • 会社勤務よりも稼げるようになる

このようなメリットが挙げられるのではないでしょうか。

通勤しなくても良い

正直な話、通勤時間は本当に無駄な時間だと思っています

中には1時間以上かけて通勤する方もいるかもしれませんが、その1時間あればライティング力がある方は数千円を稼ぐことができるので、時間は無駄にしたくないですよね。

好きな場所で働ける

Webライターになれば会社に行く必要がありません。ですのでお気に入りのカフェで仕事をすることだって可能です。自分の好きな場所で働いた方が集中できますし作業効率の上がり、結果収入も増えると思いますのでメリットは大きいです。

人間関係に悩まず働ける

会社での人間関係に悩む方も多いかと思います。苦手な人と一緒に働く、それはかなりのストレスになってしまいますので、そんな働き方はしたくないですよね。もちろん誰とも話さないのは孤独を感じてしまうかもしれませんが、コワーキングスペースなどに通い同じ働き方をする人同士のつながりを楽しむのも一つの手かなと思います。

ITに関する知識・技術が身につく

これは興味がある方は、の話ですが、ライティングで書く記事は大体が「WordPress(ワードプレス)」というものを使って作られています。実際にこの記事もWordPressを使って書いているのですが、仕事の依頼者にとってはWordPressでの記事の投稿も一緒にやってくれないかな、と思う方もいますので、身につけておいて損はない知識ですね。

またWordPressでは少なからずプログラミングの知識も一緒に身につくを思っていますので、WordPressに興味があるという方はこちらを参考にしてみてください。

>>WordPressでのブログの作り方を解説。わかりやすく画像多めで解説!

会社勤務よりも稼げるようになる

通常のサラリーマンをやっていても、月にもらえるお給料は上限があります。いくら働こうが、少しサボろうがもらえる給料に大きな差はありません。なのでみんな仕事を増やしたくないですし、モチベーションが低くなってしまいます。

ですがWebライティングなどのフリーランスの働き方は、報酬単価×作業量で収入が決まるので、作業した分の成果が出るためサラリーマンより多くの収入を得ることだってできますね。

収入UPさせる方法

ではここで、収入をUPさせる方法を解説していきます。

それはズバリ、単価アップの交渉をすることです。

提示された金額より多く交渉したら嫌がられるんじゃないの?と思うかもしれませんが、もちろんいきなり交渉したら嫌がられます。

ですがあなたの技術や知識は高まり続けていますので、何度かやり取りをしたクライアントさんであったり、あまりにも低い仕事は交渉して単価を上げてもらいましょう。

1文字単価0.6円〜1円前後の案件は、そこまで求められるスキルに差はないですし、クライアント側も実際に文章を納品されないとあなたの力量が分からない分けですので、少し強気になってもみても良いかもしれません。

とはいえ、あまりにも強気になりすぎると本当に嫌がられて仕事をもらえなくなりますのでご注意を。

それでは、Webライターとしてご活躍できますようご健闘をお祈りしています。

最新記事をチェック!