CMSとは何のこと?【初心者にもわかるCMSの基礎知識】

CMSの解説
悩むクマ
「CMS」ってよく目にするけど、一体何のこと?

今回の記事ではこういった疑問を解決します。

そものも多くの人は普段生活している中で「CMS」という単語自体目にする機会は少ないんじゃないでしょうか?

ですので、CSMという単語自体を知っているあなたは、かなりITリテラシーが高めです。

この記事をご覧いただいているということは、CMSという単語は聞いたことあるけど実際のところ内容まではわからない方が多いと思います。

そこでこの記事にて詳しく解説していきいますので、参考にしてみていただけたらと思います。

CMSとは何のこと?

CMSとは何のこと?

ではまず始めに、CMSについて解説していきますね。

CMSというのは、Content Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の頭文字をとった略称になります。

じゃあそのコンテンツ・マネジメント・システムってなんだ?
と思う方も多いと思いますので、その内容もきちんと解説していきます。

簡潔に説明すると、Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像などのレイアウト情報(テンプレート)などを一時的に保管・管理しておくシステムのことです。

よくわからない方も多いとは思いますが、Webサイトを制作する上で効率よく制作ができるシステムだと覚えておきましょう。

Web制作に必要な技術

いま現在、あなたがご覧になっているWebサイトがどうやって作られているのかはご存知ですか?
具代的に必要な技術といえば以下の通りです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

基本的にはこのようになります。

もちろん他にもまだまだ必要となる技術はありますが、基本的には上記の3つで制作することが可能です。

HTMLの役割

HTML(エイチティーエムエル)とは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略称で、簡単に説明するとWebサイト制作に必要な枠組みを作るプログラミング言語のことです。

CSSの役割

CSSはCascading Style Sheets (カスケーディング・スタイル・シート)の略称で、HTMLと組み合わせてサイトのレイアウトやカラーの指定をする言語です。

JavaScriptの役割

JavaScript (ジャバスクリプト)とは、簡単に解説するとWebページに動きをつけるプログラミング言語になります

一からのWebサイト制作は大変です

Webサイトの制作を一から行おうと思ったら、かなり大変です。
長いソースコードコードを書かなければいけないですし、手間もかかりますよね。

1つのプログラミング言語、例えばHTMLも1日で一から習得しようと思ってもできるような物ではありませんし、それを最低3つ習得するのは激ムズです。

そこで登場するのが、CMSというわけですね。

CMSを導入するとどうなる?【メリット多数】

CMSを導入するとどうなる?【メリット多数】

では一からのWebサイト制作が難しいことがわかったので、CMSを導入してみましょう。
CMSを導入すれば、そこまで手間をかけることなくWeb制作が可能になります。

とはいえCMSも一種類だけでなく、たくさんのCMSが提供されています。

悩むクマ
そんなに多かったら、どれを選んでいいのかわからない…

こう思った人も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめの、一番メジャーな「WordPress(ワードプレス)」という物があります。

WordPressは下の表でもわかるようにシェア率がCMS全体の約40%を占めており、圧倒的にシェア率が高いです。またWordPressは全ウェブサイトの40.0%で使用されており、これはCMS全体シェア率の64.3%です。

CMSシェア率
1位WordPress40%
2位Shopify3.3%
3位Joomla2.1%
4位Squarespace1.6%
5位Drupal1.5%

参考サイト:https://w3techs.com/technologies/overview/content_management

WordPressはとても扱いやすく、日本全体のWebサイトの約80%はWordPressにて制作されています。

WordPressを導入するメリットは以下の4つとなります。

1:難しい知識が不要

CMSを導入すれば、簡単にWebサイトの制作が可能になります。
サーバーやドメインなど、少し “インターネット知識” は必要ですが、特別難しいことは必要ありません。

とはいえHTMLなどの基礎知識があれば、自分の思い通りにサイトのカスタマイズをすることが可能になるため、やはり少しは勉強してみてもいいかもしれませんね。

自分でサイト制作をするとなると、やはりデザインやレイアウトには拘りたくなります。そこは妥協せずに最高のWebサイトを制作してみましょう。

2:Webサイトの運用が簡単に行うことができる

CMSの特徴として、サイト運営に必要なコンテンツの変更や更新が簡単に行うことができます。

もしCMSを導入していないWebサイトに変更を加える場合は、直接HTMLファイルを変更しなければいけないですし、手間がかかります。もし何かしらのエラーがあれば、サイト時代がうまく機能しないこともあるでしょう。

一方でWordPress、つまりCMSを導入することで、ソースコードをいじることなくコンテンツの変更や更新作業を行うことができ、サイト管理がしやすくなるのです。

3:レスポンシブサイトに対応

レスポンシブサイトとは、スマホやPCなど、様々なデバイスでの表示に対応したサイトのことを指します。

HTMLで作られたWebサイトは、CSSによって、表示されるデバイスの画面幅によってレイアウトの変更をしなければいけないです。

しかしCMSはあらかじめレスポンシブサイトの制作に対応しているため、こちらで何かしらの変更を加えることなくレスポンシブサイトの制作ができます。

4:デザインテンプレートが豊富

嬉しいことにWordPressにはテンプレートが存在し、プログラミングの知識がなくても、簡単にある程度自分の好みのサイトに仕上げることが可能です。

»WordPressのおすすめテーマ【SEO・デザイン全て解決】

無料のものから、こだわりたい方は有料のものもありますので参考にしてみてください。

CMSの種類と特徴について解説

CMSの種類と特徴について解説

WordPressのほかにシェア率の高いCMSについて表として前述しましたが、他にも様々なCSMがあって、種類が分かれています。

シェア率が一番高いのは「WordPress」ですが、導入目的によっては別のCMSを選ぶ必要があるかもしれません。そこでCMSの種類と特について解説していきますね。

  • オープンソース型
  • 独自開発型

上記2種類に分けることができます。

【おまけ】WordPressを導入してみよう

プレゼント

最後のまとめとして、WordPressの導入手順について解説します。
手順としては、以下の通り。

  • サーバーの契約
  • ドメインの取得
  • WordPressの導入

実際の導入が終わったら、簡単な初期設定をすれば本格的にサイト運営が可能です。

»WordPressでブログ開設って難しい?【画像多めで解説】

おそらくこの手順通りに進めていただければ問題なく導入できるかと。
案外始めてみると簡単に導入できるので、みなさんぜひCMSを利用してWebサイト制作にチャレンジしてみましょう!

CMSの解説
最新記事をチェック!
>LINEマガジン(無料Webライタースクール)

LINEマガジン(無料Webライタースクール)

私のLINEマガジンでは、「スキルを習得して人生の選択肢を増やす」をコンセプトに、ビジネスにおける基本となる”ライティングスキル”に関する情報を配信しています。

あなたは文章力を磨いてどんな人生の選択肢を増やしていきたいですか…?

「仕事」「日常のやりとり」「恋愛」などなど、生活の中で”文章”は欠かせません。まさに文章力を磨くことが、人生の選択肢を増やす一番の近道といってもいいでしょう!

文章から何に繋げるかは、あなた次第です…。

人生の選択肢は「あなた自身」でどんどん増やしていきましょう。

だからこそ、文章です!あなたの人生をより良い方向へと導くためにも、文章力、ライティングスキルを磨きましょう。