CMSの解説

CMSってなに?実はいまあなたがみているのもCMSでできているかも

考える男性
CMSって最近よく聞くけど、一体なんのこと?

今回はこういった疑問にお応えしていこうと思います。

そものも多くの人は普段生活している中で「CMS」という単語自体目にする機会は少ないんじゃないでしょうか?

ですのでまず第一前提として、CMSという単語自体を知っているあなたはそもそもITに関するリテラシーがかなり高めなので自信を持ってください。

ですがこの記事をご覧いただいているということは、CMSという単語は聞いたことあるけど実際のところ内容まではわからない方が多いと思いますので、この記事にて詳しく解説し、あなたに「なるほど」という気持ちを持ち帰っていただけたらなと思います。

結論としてまずこの冒頭で断言しますが、「CMS」はとても便利な物ですのでまだ導入していないという方は、この記事を読み終わった後に速攻で導入してみていただきたいと思います。

最後には一番メジャーな「WordPress」の導入方法を解説しますので、ご参考ください。

CMSってなに?

はてなマーク

ではまず始めに、CMSについて解説していきますね。

CMSというのは、Content Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の頭文字をとった略称になります。

じゃあそのコンテンツ・マネジメント・システムってなんだ?

と思う方も多いと思いますので、その内容もきちんと解説していきましょう。

Web制作に必要な技術

その前に、いま現在あなたがご覧になっているWebサイトがどうやって作られているのかはご存知ですか?

具代的に必要な技術といえば以下の通りです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

基本的にはこのようになります。

もちろん他にもまだまだ必要となってくる技術はありますが、かなりのボリュームになりますので今回はこの基本の3つを解説しますね。

HTML

HTML(エイチティーエムエル)とは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略称で、簡単に説明するとWebサイト制作に必要な枠組みを作るプログラミング言語のことです。

CSS

CSSはCascading Style Sheets (カスケーディング・スタイル・シート)の略称で、HTMLと組み合わせてサイトのレイアウトやカラーの指定をする言語です。

JavaScript

JavaScript (ジャバスクリプト)とは、簡単に解説するとWebページに動きをつけるプログラミング言語になります。

一からのWebサイト制作は大変です

上記で軽く解説しましたが、Webサイトの制作を一から行おうと思ったらかなり大変です。

それこそ1人で制作しようと思ったら、よほど凄い技術を持った人でない限り1日で制作するのはとてつもなく難しいことです。

1つのプログラミング言語、例えばHTMLも1日で一から習得しようと思ってもできるような物ではありませんし、それを最低3つ習得するのは激ムズです。

そこで登場するのが、CMSというわけですね。

CMSを導入するとどうなる?

選択する人

では一からのWebサイト制作が難しいことがわかったので、CMSを導入してみましょう。
CMSを導入すれば、そこまで難しくなくWeb制作が可能になります。

とはいえCMSも一種類だけでなく、世界中に800以上も種類があると言われています。

悩む男性
そんなに多かったらどれを選べばいいのかわからない

こう思った人も多いのではないでしょうか?

ですが冒頭でも述べたように、一番メジャーな「WordPress(ワードプレス)」という物があります。

WordPressは下図でもわかるように、シェア率がCMS全体の6割を占めており、世界中のWebサイトの3割以上はこのWordPressを使って制作されているため、圧倒的人気だということが分かりますね。

WordPressのシェア率
https://w3techs.com/technologies/overview/content_management/allより引用

基礎スキルさえあれば強い

何度も書きますが、CMSを導入すれば簡単にWebサイトの制作が可能になります。

とはいえHTMLなどの基礎知識があれば、自分の思い通りにサイトのカスタマイズをすることが可能になるのでやはり少しは勉強してみてもいいかもしれませんね。

自分でサイト制作をするとなると、やはりデザインやレイアウトには拘りたい物です。そこは妥協せずに最高のWebサイトを制作してみましょう。

WordPressテンプレートあり

嬉しいことにWordPressにはテンプレートが存在し、プログラミングの知識がなくても簡単にある程度自分の好みのサイトに仕上げることが可能です。

>> WordPressのおすすめテーマ【SEO・デザイン全て解決】

無料のものから、こだわりたい方は有料のものもありますので参考にしてみてください。

【おまけ】WordPressを導入してみよう

プレゼント

最初にも述べたよう、実際にWordPressを導入してサイト制作をしてみましょう。

やり方は簡単で、以下の通りです。

  • サーバーの契約
  • ドメインの取得
  • WordPressの導入

WordPressの導入が終わったら簡単な初期設定です。

>>WordPressでのブログの作り方【初心者にも分かりやすく画像多めで解説】

おそらくこの手順通りに進めていただければ問題なく導入できるかと。

案外始めてみると簡単に導入できるので、みなさんぜひCMSを利用してWebサイト制作にチャレンジしてみましょう。

CMSの解説
最新記事をチェック!