フリーランスWebライターで月5万円を達成できない人の特徴【結論:行動不足】

こんにちは、まさひろです。
フリーランスになってまだ1年経っていませんが、今ではフリーランスチームのWebディレクターをしています。

Webライターとして活動しているけど月5万円達成できない。
もっとライターとしてのスキルを身につけるべき?
Webライターとしてのセンスがないのかな。

このように、Weライターに挑戦している方で月5万円を達成できていない方が意外と多いです。なかなか案件を獲得できずに悩んでいるのではないでしょうか。

しかし、Webライターとして月5万円を達成することはものすごく簡単です。
その理由と具体的にWebライターとしてフリーランスを目指す方が取るべき行動について、この記事でまとめていきたいと思います。

本題に入る前に、以下のツイートをご覧ください。

Webライターとして月5万円を達成できないのは、単に行動不足。
Webライターとして月10万円を達成できないのも、単に行動不足。
結局のところ、独立できるレベルであれば行動次第で可能です。そこから単価を上げるための提案力や仕組み化は、後で考えればいい。

このツイートを元に、考えながら先を読み進めていただけたらと思います。

Webライターとして収入を得る難易度とは?

Webライターとして収入を得る難易度とは?

結論から言ってウェブライターとして収入を得る難易度は、とても簡単です。ぶっちゃけ文章が書ければ誰でもできるレベル。

しかしそれでも月5万円を達成できていない方がいらっしゃるのも事実です。
ではなぜWebライターとして、月5万円の壁を乗り越えることができないのか。

スキル不足では、決してありません。
知識不足ということも、基本的にはないでしょう。

ではなぜか。
それは「行動不足」だからです。

体育会系のようなトゲのある回答で申し訳ないのですが、行動できていない人がかなり多いです…。

他ジャンルでの収入を得る難易度

フリーランスを目指すのであれば、他にも役に立つスキルというのもはあります。
例えば以下のスキル。

  • プログラミング
  • Webデザイン
  • 動画編集
  • マーケティング

他にもまだありそうですね。

しかしこの中のスキルと「Webライティング」を比較した際には、圧倒的にWebライティングの方が難易度は低いですよ。

スコアとして、難易度のイメージをまとめてみました。

プログラミング 5
Webデザイン 3.5
動画編集 3
マーケティング 4
Webライティング 2

こんな感じですね。

Webライティングの難易度はなぜ低い?

なぜWebライターは他のスキルと比べて難易度が低いのか。

それは先ほども書きましたが、ぶっちゃけ文章が書ければ誰でもできるからです。
しかしそこから、より採用されるライターになるためにはSEOのスキルや文章力を磨くことは必須。

実際にWebライターを募集しているクラウドソーシング( ランサーズクラウドワークス など)を見てみるとわかるのですが、「初心者OK」などの案件が多く募集されています。

なぜ初心者でもWebライターとして仕事ができるかというと、これは案件にもよるのですが、多くのWebライティングの案件は “リサーチ” をしながら記事を書くから、なんですよね。

例えば〇〇のキーワードについて、他の記事を参考にしながらまとめてください。
といったような内容です。

また多くの場合、レギュレーションと呼ばれる記事の執筆ルールが案件ごとに決まっています。それを元に文章を書いていくため、ぶっちゃけ文章が書ければ誰でもできる。

Webライターでフリーランス独立は可能?

Webライターでフリーランス独立は可能?

これも結論から言って、十分に可能です。

わりとWebライター初心者でも、1文字あたり一円以上の単価で案件を獲得しやすいです。収入を安定させるためには、案件をしっかりと継続的に獲得できることが大切となります。

またライティングスピードによって時給単価も上げやすくなるため、作業力次第で独立は十分に可能。

ではどのような収入パターンがあるか、見てみましょう。

  • パターン1:1文字1円 × 3,000文字を月に60本納品 = 180,000円の収入
  • パターン2:1文字1円 × 10,000文字を月に20本納品 = 200,000円の収入
  • パターン3:1文字1.5円 × 5,000文字を月に24本納品 = 180,000円の収入

長文の執筆はかなり大変ですが、文字単価を上げることで収入は大きく差が開きます。

単価についてはクライアントとの契約次第ですが、継続案件を獲得できることで、単価交渉を頃合いをしてみてもいいでしょう。むしろ、継続案件に単価交渉をしてみることは必須とも言えます。

ここで質問なのですが、月の納品記事、多いと思いましたか?
確かにいきなり一月に60本など、結構大変だと思います。

人によって1記事の執筆にかかる時間が違いますが、僕の場合は3,000文字の執筆であれば長くて3時間かかる計算です。1日に3記事執筆し、20日間稼働すれば月に60本の記事を納品できることになります。

この “1記事3時間” は本当に目安でして、もっと速い人もいれば遅い人もいます。
ですが仮に1記事3時間だとすると、3時間×3本=9時間になります。

普通に会社で働く時間と対して変わらないと思います。
全く自慢にはならないのですが、フリーランスになる前、仕事は運送関係の仕事で1日の拘束時間は12、13時間。場合によってはもっと長かったです。

それを考えると、なんだかできそうな気がしませんか?

つまり最終的には、「行動量」次第で月5万円は圧倒的に超えられるということです。

ですがおそらく気になるのは、「どうやってそこまでたくさんの案件を獲得するのか」ではないでしょうか。
確かに文章が書ければWebライターとして仕事ができる、とは述べましたが、それでは継続的に仕事をお願いされるライターにはなれないでしょう。

そこで、付加価値を生み出して採用されやすいWebライターになるための5ステップ、ということでこの先ご紹介していきますね。

Webライターとして安定的に仕事を獲得する方法

Webライターとして安定的に仕事を獲得する方法

  1. WordPressでブログを運営する
  2. クラウドソーシングで案件に応募
  3. 自分の強みとなるジャンルを決めておく
  4. 企業に直接営業をかける
  5. とにかく執筆時間を作る

結局のところWebライターで月5万円を達成できていない方は “行動不足” だということはお伝えしました。
ただ行動をしても案件が獲得できるわけでもありません。

おそらくこの記事をご覧いただいているあなたも、そんな精神論みたいな話を求めているわけではないと思います。

そこで、より安定的に案件を獲得できる方法を上記の通りにまとめてみました。
深堀して解説をしていきます。

WordPressでブログを運営する

Webライティングの仕事を募集しているクライアントの多くは、WordPressを使用してサイトを運営しています。そのサイトに記事を投稿するため、実際に記事を書くライター側もWordPressの知見があった方が強みとなります。

例えば契約の前段階で、「WordPressに直接入稿することが可能です!」と会話を進めることで、案件を獲得しやすくなる可能性が高くなります。

クライアント側もなるべく手間を省いて他の業務に取り掛かりたいと思っているため、テキスト形式で記事を納品するよりも、WordPressに直接入稿できた方がメリットとなるのです。

またWordPressのブログ運営は、そのまま自身の実績として提示することが可能。
そのブログで検索上位を獲得することができれば、SEOについての実績つなるのです。

※SEOとは検索エンジン最適化のことで、記事を上位表示させるための施策のことを指します。

クラウドソーシングで案件に応募

月5万円を達成できていない方、クラウドソーシングは活用できていますか?

多くの方はクラウドソーシングで案件を探すのですが、応募数はせいぜい、1日に2〜3件程度です。
クラウドソーシングはたくさんのユーザーが同じ案件に応募するため、競争がものすごく激しいです。

そのためほとんどは運要素になってしまうため、最低限10件くらいは1日に応募しておきたいですね。
ここでも、「行動量」の多さが関わってくるというわけです。

自分の強みとなるジャンルを決めておく

ある程度案件に応募したら、その中で自分の「強み」となるジャンルを決めておいた方がいいです。なぜかというと、その強みのジャンルを元に継続案件に繋げやすくなるからです。

例えば僕の場合は、「プログラミング」関係の記事。

一時期、転職を目的でプログラミング学習をしていたため、それなりに知識はあります。
実際にその強みを活かして継続案件を獲得できているため、「強み」を決めておくことはかなり大切。

でもその「強み」を決められない方も多いのではないでしょうか。
そこで強みを決める際のポイントとして、以下の内容で決めてしまえばOK!

  • これまでの経験
  • 自身の趣味

これだけです。
ライティングジャンルは幅広いため、まずは自分の強みを考えて、案件に応募するようにしましょう。

企業に直接営業をかける

企業に直接営業をかけることも、かなり重要となります。

クラウドソーシングだけで案件を探してはいないでしょうか。
確かにクラウドソーシング経由でも継続案件につながことがあるのですが、それでもやはり、獲得するための競走が激しいです。

その点、Wantedlyなどの求人募集サイト経由で営業をかけることで、契約率はとても高くなります。また契約できれば、ほとんど継続的なお付き合いとなるためおすすめです。

とにかく執筆時間を作る

フリーランスとして独立を目指すのであればもちろん、現在副業などで取り組んでいる方でも、とにかく執筆時間を積極的に作っていくべきです。

フリーランスとして既に活動しているのであれば最低8時間。
副業ならば休日の8時間は全て執筆に時間をかける、くらいの意気込みでないと、なかなか厳しいでしょう。

クライアントは多くの記事を納品してくれるライターを求めているため、執筆にたくさん時間を割くことができる方が有利です。結果がなかなか出ない、という方は、まずは行動量を見直してみるべきです。

まとめ:Webライティングで月5万円はすぐ達成できる

さて、この記事の内容で、「なんだかできそうかも?」と思っていただけたでしょうか。
実際に、月5万円はすぐに達成できる数字なので行動していきましょう。

未経験での段階でこれからWebライターを目指す方は、もう少し細かくご紹介した記事がありますので、ぜひそちらをご参考ください。

»Webライター未経験でも3ヶ後にフリーランス独立する方法【月20万レベル】

最新記事をチェック!