きれいな提案文

【テンプレ付き】Webライターの提案文の書き方と注意点

  • 2020年10月3日
  • 2020年10月3日
  • 文章力

こんにちは、まさひろです。

Webライター歴は2年くらい。少し前までは活動の軸を「Web制作」に絞っていましたが、最近またライターとしての活動を再開いたしました。

ぼくは主に、ランサーズというクラウドソーシングサービスを利用しているのですが、Web制作の経験を活かしてライティングの継続案件を獲得することができました。

 

継続案件ってなかなか取りにくいんじゃないの?
まず提案しても受注までにつながらないよ!

 

大丈夫!
実際に僕が使っている提案文の書き方を見本に、案件獲得につながる提案文の書き方を解説するよ。

提案文の書き方について改善したい、という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

記事の内容

  • 案件獲得につながる提案文の書き方
  • ライターとしての付加価値の付け方
  • 案件をえらぶ際の注意点

以上で解説して行こうと思います。

Webライターは働き方の自由度がかなり高い仕事ですので、ぜひ挑戦してみましょう。

案件獲得につながる提案文の書き方

それではいきなりですが、ぼくの提案文テンプレートを公開してみたい思います。もっとうまく書く方ももちろんいますので、ぼくなりの書き方ということでご了承ください。

はじめまして、現在フリーでライター活動をしている〇〇と申します。

ライティングはもちろん、Web制作を得意としていますのでこの度お力になれると思いご提案させていただきました。簡単ではありますが、自己紹介をさせていただきます。

●経歴

・ライター歴:2年

・ブログ歴:2年

・Web制作歴:1年

●実績・得意

WordPressを使用してのブログ運営を行っているため、直接WordPressに入稿することも可能です。

直近では〇〇の案件を納品しましたので、この度のご依頼の参考にしていただけると幸いです。

また、「LIFE MEMOPAD」というブログを運営しているため、よろしければこちらもぜひご参考ください。

●自己PRポイント

現在フリーで活動しているため、稼働時間など柔軟に対応させていただくことが可能です。執筆できるジャンルも幅広くご対応できますので、ぜひご検討いただけると喜びます。

・得意・詳しいジャンル 

 →転職、副業関係

 →SEO、マーケティング

以上となります。

何卒、よろしくお願い致します。

一応、これがテンプレートですね。案件によって多少の変更はあります。

ここで大切なポイントですが、以下のことはきちんと明確にして相手に伝えましょう。相手が「この人だったらお願いしたいな」という気持ちにさせることが大切です。

  • ライティングの経歴
  • 過去のポートフォリオ
  • 持っているスキル・知識

これらがあまり無いライターさんでも、十分に案件獲得は可能です。最初は実績がないのが当たり前ですので、小さくてもいいので作っていけばいいのです。

ライティングの経歴

まずはライティングを含め、過去の経歴を提示することが大切ですね。クライアントはまず、

  • 何をどれくらいの期間取り組んできたのか
  • 業界についての知識はある程度あるか

をみているので、きちんと自分の経歴をあらい出しましょう。

経歴によって受注できる文字単価にも差が出てくるので、これは大切なポイントです。

過去のポートフォリオ

経歴と同じく、なにかしらのポートフォリの提示を求めるクライアントは多いです。過去に受注した案件を許可なく提示するのはNGですので、その点は気を付けましょう。

ぼくがおすすめするポートフォリオとしては、自身のブログを提示する方法。

  • どんな内容の記事を書いているのか
  • 記事の構成はきちんと整っているか

クライアントが評価する上では最も効果的なポートフォリオだと思いますので、自分で書いているブログがあればそちらを紹介しましょう。ブログ内に「ライターとして活動しています」という内容を書いているのであれば、ブログ経由で案件が獲得できる可能性も大幅に上がっていきますよ。

持っているスキル・知識

例えば、、

  • SEOに強い記事を書きます
  • CTRの高いセールスライティングをします

など、あなたが身につけているスキルや知識は最大限に伝えましょう。

ただ「文字が書けるだけ」だと、文字単価が低い案件しか受注できないですし、長期的に契約できるライターになることはむずかしいです。

持っているスキルが高いと文字単価を上げる交渉もしやすいので、スキルがあることは強みになりますよ。

ライターとしての付加価値の付け方

先ほども書きましたが、「文字が書けるだけ」のライターだとそもそも単価が低いですし、それこそたくさんのライターがいるためなかなか差別化をすることができません。

他のライターとの差別化をして文字単価を上げるためにも、以下の付加価値を付けれるようになりましょう。

  • WordPressの知識がある
  • SEO対策のためのHTMLタグを理解する
  • そもそも1日の稼働時間を増やせるようにする

WordPressの知識がある

基本的にクライアントは、「WordPress」で作成したサイトに対して記事の執筆を依頼する場合が多いです。WordPressについての知識があれば直接WordPress内に入稿することができますので、それだけでも付加価値の高いライターになれますよ。

自身でもWordPressでブログ開設をすることで、WordPressの知識はもちろん、SEOに関する知識も身につけることができますのでぜひ始めてみましょう。

WordPressでブログを開設し、そのまま収益化も狙えるのでメリットだらけです

 

WordPressでのブログの始め方

SEO対策のためのHTMLタグを理解する

SEO対策のため、有効なHTMLタグを理解できるとかなりの付加価値が生まれます。多くの場合、「Googleドキュメント」などで記事を納品したりするのでが、「HTML形式」で記事を書く場合もあります。

直接WordPressに入稿しないにせよ、HTML形式だとそのままコピペでWordPressに移しやすいのが理由ですね。

  • h1~h4タグでの見出し
  • metaタグの理解
  • alt属性の設定

など、SEOに効果的なHTMLタグはこれ以外にもたくさんありますので、きちんと理解しておきましょう。

そもそも1日の稼働時間を増やせるようにする

ぼくはフリーランスとして独立しているため、1日に稼働できる時間はかなりあります。もちろんライティングにさける時間が多い方がクライアントも助かりますし、発注しやすいです。

では副業で取り組む方はどうしたらいいのでしょうか?

すみません。これに関しては、すこし生活時間を削ってでも取り組むべきだと考えています。

まずは数を多くこなす事が大切だと思っていますので、時間をどうしてもフルコミットできないという方は、以下を意識して取り組んでみましょう。

  • 移動時間も執筆
  • 休憩時間を使って執筆
  • 音声入力機能を活用して効率化

シビアですが、頑張ってみましょう。

案件をえらぶ際の注意点

まずライター初心者がやってしまいがちなのですが、案件をえらぶ際は低単価の案件には応募しない事が無難です。

もちろん、はじめの実績づくりのためには応募してもいいと思いますが、それも2〜3件で留めておきましょう。いつまでも低単価の案件を受注しても収入は増えませんし、消耗するだけです。

他にも案件をえらぶ際の注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 低単価の案件は応募しない
  • 長期で募集している案件に応募する
  • 単価交渉をすることも忘れずに(注意点あり)

低単価の案件は応募しない

まず、クラウドソーシングには「1文字0.5円」みたいに単価が低い案件もたくさんあります。これではいくら良質な記事を書いたとしても収入は増えないですし、あなたが損をするだけですので気を付けましょう。

最初の2〜3件ほど応募して受注できたら、あとは1文字 1円以上の案件に応募しましょう。

長期で募集している案件に応募する

長期で案件を募集しているということは、収入が安定しやすいということです。

また長期の案件の方が文字単価も高いので、積極的にガンガン応募してみましょう。応募しても必ず受注できるとは限らないので、その点は注意しましょう。

提案数を増やすことは最初のうちは大変かもしれませんが、慣れてくるので大丈夫です。

単価交渉をすることも忘れずに(注意点あり)

ある程度SEOやライティングに関する知識があり、長期契約の案件を受注できれば単価交渉をしてみるのもあり。

結果につながる記事がかけたらクライアントもよろこびますし、交渉してみる価値は大きいですね。

注意点

  • 最初のうちから単価交渉はしない
  • 値幅が大きい単価交渉はしない
  • クライアントを尊重した交渉をする

クライアントが嫌がるような交渉は避けて、良質な関係でお仕事を進めてくださいね。

それでは、あなたもぜひWebライターとして活躍できる人材を目指していきましょう!

 

参考

Webライターとして自由な働き方をしてみたいな。準備とか必要なのかな?今回の記事はこういった悩みを解決していきます。結論ですが、Webライターとして働きたいのであれば今すぐ行動するべきです。最低限の知[…]

Webライターの準備

きれいな提案文
最新記事をチェック!
>当サイト使用テーマ『THE THOR』

当サイト使用テーマ『THE THOR』

SEOに強く、デザインを自由に変える事ができる『THE THOR』

収益化に関わる機能もたくさんついているため、企業サイトはもちろん、個人のブロガー、アフィリエイターにも使いやすい最高のテーマです。

CTR IMG