エックスサーバーでのWordPress開設【挫折しない解説です】

今回は最も利用者数が多いであろう人気レンタルサーバー「エックスサーバー」でWordPressを始めたい方向けに、『エックスサーバーを使った WordPressの始め方』を初心者でも分かりやすいように解説していこうと思います。

サーバーとかよく分からないしその手に詳しくないから不安・・・。

一度挫折したからな・・・。

こんな方も多いのではないでしょうか?

しかしこの記事では、自身の経験も踏まえて初心者の方にも安心して始めてもらえるよう、画像を使って分かりやすく解説していきたいと思います。

前回の記事で「WordPressでのブログの始め方」を解説し、サーバーとは一番大元の部分、家づくりの『土地』みたいなものと理解していただけたと思います。

前回の記事

WordPressで自分のサイトを作ってみたいけど、よくわからないな・・・。 今回はこのような疑問を解決していきます。 結論からお伝えすると、WordPressの運営はそこまで苦戦することはありません。ただ、完[…]

そこで一番人気で利用しやすい土地(サーバー)である「エックスサーバー」ですが、エックスサーバーを選ぶ理由はこんなものが挙げられます。

  • WordPressに必要な機能が全て揃っている
  • 安定したサーバーなので安心して使える
  • 無料で独自SLL設定が可能
  • バックアップなどの機能がある
  • 利用者が多いので困った時にググりやすい

などですね。

これらの安心した内容でサーバーを選ぶのであればぜひエックスサーバーをおすすめします。

エックスサーバーを使った WordPressの初め方

サーバーの仕組み

ではいよいよエックスサーバーに登録していきます。まだ登録いていない方は、こちらから登録していきましょう。

エックスサーバーに申し込み

申し込みフォームの内容

まずこちらが実際の申し込み画面となっています。

エックスサーバーの登録画面

まず、画面真ん中あたりの「申し込み」メニューにカーソルを当てると「サーバーお申し込みフォーム」が出るのでそこをクリックします。

そうすると下記のような画面に移りますので、左側の「新規お申し込み」をクリックしましょう。

エックスサーバー申し込みフォーム

こちらをクリックすると、次に詳細を入力する画面に移りますので入力していきましょう。

サーバーIDは深く考えず、分かりやすいものにしてOKです。(のちに WordPressをインストールするドメインを取得していきます)

エックスサーバーのプラン

プランは「X10プラン」で十分です。サイトが成長しアクセス・記事数などが増えたら変更すればOKです。

あとは順番に

  • メールアドレス
  • 登録区分
  • 名前
  • フリガナ
  • 郵便番号
  • 住所(都道府県、市区町村)
  • 住所(町域、丁目・番地
  • 電話番号

などを入力していきます。

必要な項目を入力し終わったら「同意する」欄にチェックを入れ、申し込み内容の確認→最終申し込みをする流れとなります。

申し込み完了メールが届く

登録が終わるとメールが届くのですが、このメールは大切に保管しておいてください。

エックスサーバーの確認メール

それぞれ「インフォパネル(現在:Xserverアカウント)」と「サーバーパネル」にログインする際に必要な情報となりますので、必要であればメモなどを取っておきましょう

料金の支払い

無料体験中」でも料金を先に支払っておくことをおすすめします。なぜなら、現段階ではまだ仮契約の状態なので料金をきちんと支払って完璧に契約完了となるからです。

☑︎ 無料期間が終わってからの課金になるので、安心して料金を支払ってしまいましょう

 

 

☑︎ 無料期間を過ぎると設定が台無しになるので、忘れないうちに済ませましょう

 

 

料金の支払いはXserverアカウント(旧インフォパネル)からできます。先程のメールの【ユーザーアカウント情報】からパスワードなどを確認できます。

ログインはこちらからもできます。

Xserverアカウントにログイン

ちなみにログイン画面はこのようになっていますので、必要な情報を入力して進めていきます。

エックスサーバーインフォ

ログインできたら、左側メニューの『料金のお支払い/請求書発行』をクリックしましょう。(初期の段階では、『料金のお支払い』と言う表示の場合があります)

エックスサーバー支払い

下にスクロールすると、自分が登録したサーバーが表示されているはずですので、以下の順で支払い情報を入力しましょう。

  1. サーバー欄のチェック欄にチェックを入れる
  2. 更新期間を選択する
  3. 「お支払い方法を選択する」をクリックする

料金の支払い方法は様々ですので、自分の都合に合わせた支払い方法を選択しましょう。

独自ドメインの取得

ドメインとは、Webサイトの住所みたいな役割を果たします。そもそも WordPressでは独自ドメインを取得していくことが前提ですので、これは入念に考えておきましょう。(他の人とかぶることはないので、本当に早い者勝ちの契約です。)

ちなみに当サイトのドメインは「life-memopad.com」となっています。

エックスサーバーを登録する場合、サーバーの契約と同時にドメインの取得もした方が効率がいいですし設定も簡単です。

まずはドメインを契約できるか調べよう

まず、エックスドメインにアクセスをします。

 

エックスドメインでドメインの取得

オレンジの枠で囲っている部分に、自分か登録をしたいドメインを入力してみます。

少し例を出して当サイトのドメインを入力してみます。すると一覧が出るのですが、「取得可能です」と表示されているドメインなら取得可能となります。

やはりメジャーなものは「.com」じゃないでしょうか?

やけにやすいドメインもありますが、翌更新時に更新料がやけに高くなったりするので、無難に.comにしましょう。ない場合は他の文字列で試してみるか諦めて他のものに決めるしかないです。

気に入ったドメインを選ぶことができたら、そのドメインにチェックを入れ、登録年数を選択し『購入手続きに進む』をクリックしましょう。

あとはサーバーの料金の支払い時と同様に、お支払い方法を選択して取得の流れになります。

ドメインとサーバーの紐付け

先ほども紹介しましたが、エックスドメインで取得したドメインとサーバーとの紐付けはとても簡単です。まずはエックスサーバーの「サーバーパネル」にログインしましょう。

サーバーパネルにログイン

次に使用するのが、送られてきたメールの【サーバーアカウント情報】のIDとパスワードになります

ではログインできたら、右上部分【ドメイン】の「ドメイン設定」をクリックしましょう。

エックスサーバードメイン

そうすると下のような画面に移りますので、枠で囲っている『ドメイン設定追加』をクリックしましょう。

エックスサーバードメイン設定

そうするとドメインを入力する画面に移動します。先ほど契約したドメインを入力し、右下の『確認画面へ進む』をクリックします。その際に、

  • 「無料独自SSLを利用する」
  • 「高速・アクセス数拡張機能(Xアクセラレータ)を有効にする」

にチェックを入れておきましょう。

エックスサーバーチェッック画面

確認画面が表示されますので、最後に『追加する』をクリックして設定を完了させます。これでドメインとサーバーとの紐付けが完了しました。

もし仮にURLをクリックして「無効なプログラムです」と言う表示がされた場合は、まだ反映待ちである可能性がありますので時間をおいて再度アクセスしてみてください

独自SLLの設定

この時点ですでに「http」→「https」と、独自SSL化が完了している場合はこの手順をスキップしてOKです。

完了できてない場合は、下記の手順で独自SSLの設定を進めていきましょう。

サーバーパネル内の【ドメイン】から、「SSL設定」をクリックします。

すると登録してあるドメインの一覧が表示されますので、設定したいドメインを選択しましょう。

クリックしたら、

  1. 「独自SSL設定の追加」をクリック
  2. 「独自SSL設定を追加する(確定)」

で設定を完了させます。

これでSSLの設定が終わりました。クリック一つで完了できるので便利です。

WordPressのインストール

ではいよいよ WordPressのインストールです。(実際に家を建てるイメージ

エックスサーバーは簡単にWordPressをインストールできるところが魅力の一つでもあります。

まずはサーバーパネルにログインしましょう。そして枠内の「 WordPress簡単インストール」をクリックします。

そうするとインストールしたいドメインを選択する画面に移りますので、ドメインを選択します。選択したら、枠内の「 WordPressインストール」をクリックしましょう。

番号を振っていますので、上から順に

  1. サイトURL:そのままでOK!
  2. ブログ名:ブロブのタイトルが決まっていれば入力(後から変更可能)
  3. ユーザー名: WordPressログイン時に必要なので忘れないように
  4. パスワード:同じくログイン時に必要。忘れないように
  5. メールアドレス:自身のメアドを入力
  6. キャッシュ自動削除:「ON」のままにしましょう
  7. データベース:「自動でデータベースを生成する」にしましょう

入力できたら右下の「確認画面へ進む」をクリックし、間違いがなければインストール(確定)をクリックしましょう。

完了するとログイン情報などの詳細が表示されるので、これは必ず大切にメモなどをして保管しておきましょう。

これであなたの WordPressが完成です!次は最低限の初期設定をしていきましょう!

初期設定

ではまず、 WordPressにログインします。先程のログイン用のURLをクリックしてみましょう。

「ユーザー名(またはメールアドレス)」と「パスワード」を入力しましょう

ログインすると管理画面(ダッシュボード)へ進むことができます。

URLの変更

ダッシュボードにて、図のように設定画面に進んでみてください。左のメニューから「設定」→「一般」で進むことができます。

まず設定していただきたいのが、 WordPressアドレス・サイトアドレスに「S」を付け足してください。

サーバーにてSSL化の設定をしていない場合は行わないでください

これでSLL化をした意味を成すので、バッチリです。なお、反映までに1時間くらい時間がかかる場合があることを把握しておきましょう。

『キャッチフレーズ』の欄は空白を推奨します。これは使用するテンプレートによってはSEO上で不利になる場合があるためです。

パーマリンクの設定

パーマリンクとは、記事を作成した際のURLのことです。この設定も最初に設定しておかないとSEO上よくないので、一番最初に必ず設定しておきます。

同じく「設定」から、次はパーマリンク設定をクリックします。すると上記画像のような画面に移動できますので、ここで「カスタム投稿」を選択しましょう。

下の一覧から「/%postname%/」を選択し、完了したら「変更を保存」をクリックして保存しましょう。

そうすることで記事の作成時に、タイトル横の「編集」を言うボタンをクリックすればURLの変更ができるようになります。

・最初は日本語が混じったURLだと思いますがSEO上、英語に直しましょう(ローマ字も可)
・編集ボタンが表示されない場合、なんでもいいのでタイトルに文字を入力しましょう

以上が、本当に必要最小限の初期設定となります。

お疲れ様です。では楽しく WordPressを使ってみましょう

これでもうあなたは WordPressバッチリです。まだまだカスタマイズが必要な場合もありますが、これさえできていればもうあとは記事を書くだけですので、ガンガン記事を書いていきましょう。

WordPressは自分だけの「ブログ」もしくは企業のための「サイト」を構築できるツールですので、自信を持って WordPressが使える、と言っていいと思います。

趣味目的・収益化目的・集客目的など、用途はそれぞれかと思いますが自分だけの資産を、これから好みにカスタマイズしてみましょう。

最新記事をチェック!